お気に入りの時計をずっと使い続けるには

物の購入場所や生産地については、特にこだわらずに気に入った物があれば世界のどこでも買いますが、
修繕に関してだけは、やはりいつも日本で行うことにしています。気に入った時計の電池交換なども、
帰国するまで少々の不便を感じつつも、信用できる場所でしたいという気持ちが強いのです。

 

時計の修理をやってくれる場所は、むしろ日本より海外のほうが探しやすいですし、もちろん料金も安いのです。
しかし修理を請け負っているからと言って、必ずしもプロではないということと、余計に具合が悪くなること、
あるいは紛失を防ぐ意味でも、修理は日本でするのがいいのです。

 

電池交換だけで無く、外装のガラスの破損、ベルトが傷んでしまったときの交換などについても、
出来るだけ国内で対応する方が安心です。しかしどうしても海外で行う場合には、百貨店などの大きな店舗を利用して下さい。"