ベルトだけでそのへんの時計が買える!

腕時計で一番消耗しやすい部品といえば、ベルトです。
特に革ベルトは汗や経年劣化で消耗しやすく、においや切断にもつながるため、
長く使うためには必ず交換が必要になってきます。

 

あこがれの何十万円もする高級な腕時計。
そんなブランドにはその辺で売っている革バンドではどうも似合いません。
純正部品を買うと一体いくらするのでしょうか?

 

例えば、有名ブランドの例だとオメガの革ベルトは2から3万円ほどです。
ベルトだけでスウォッチやGショックが買えてしまう価格です。
また、雲上ブランドのブレゲやパテックフィリップとなると、
5万円を超えるものが出てきます。さすがの価格ですね。

 

もっと修理にお金がかかるのが、金属製のブレスレットの交換です。
高額なブランドのブレスレットは細かい部品や繊細な研磨加工がされているため、
まるまる交換をすると軽く10万円を超えます。

 

もし修理が必要になった場合、懐具合と相談して、
革ベルトとブレスのどちらを選択するかを決めるのも一つの手です。