腕時計の修理と輸送

購入したばかりの腕時計でも、壊れてしまうことはあります。しかし購入者側が防ぎようのない故障であり、保証期間内である場合はメーカーが無料で修理してくれます。このよなケースでは購入者が腕時計をメーカーに輸送しなければなりません。しかし状況によっては輸送中にさらなる故障や破損が生じてしまうことがります。

 

実は腕時計の保証規約の中には、修理に伴う輸送中に起きた事故などに関しては、腕時計の所有者がその料金を支払わなければならないというものがあります。つまり輸送中に起きた故障に関しては、どんな場合であろうと所有者が修理費用を支払わなければならないのです。もちろん全てのメーカーがこのような規約を掲げているわけではありませんが、この点に関しては注意深くチェックするべきです。

 

こうしたことを考えると、どのような輸送手段を利用して壊れてしまった時計をメーカーに届けるかは、非常に重要な選択となります。しかしどの輸送会社も送り荷物を雑に扱うことはしません。それでも腕時計のような小さなものの扱いに慣れている業者もあれば、そうでないところもあります。そのためインターネットの評判などをチェックし、情報収集に努めるべきです。

 

また梱包もしっかりと行うようにします。クッションとなるものを詰めたり、腕時計が箱の中で不必要に動くことがないようにするべきです。意外と見落とされがちですが、これらの点をしっかりと思いに留めておくべきです。